納屋などが燃えた火災現場=30日午後4時45分、宇都宮市上欠町

 30日午後3時40分ごろ、宇都宮市上欠町、畜産業男性(76)方の牛舎が燃えているのを男性が発見し、119番した。同日午後7時ごろに鎮火したが、飼育していた複数の牛が逃げた。宇都宮中央署によると、同日午後6時までに逃げていた2頭が発見された。他に逃げた牛がいないか調べている。

 同署は当初、逃げた牛は7頭で、うち5頭は行方不明としていた。その後、逃げた頭数を「確認中」と訂正した。

 同署によると、出火に気付いた男性が牛を安全な場所へ避難させる際、牛が逃げた。体重は400キロ~500キロ程度で、署員らが捜索し、牛舎から約200メートル離れた別の場所で2頭を発見したという。

 同署は署員約30人体制で周辺を捜索。牛を見付けた場合は110番するよう呼び掛けている。

 現場は東北自動車道鹿沼インターチェンジから東に約2・5キロで、田畑や住宅が点在している。同署で出火原因などを調べている。