野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、埼玉県の小鹿野町総合運動公園野球場で埼玉と対戦し、4-10で敗れた。

 栃木GBは3点を先行したものの先発の右腕西澤宙良(にしざわそら)が苦戦。二回に3点本塁打、三回に勝ち越しの適時打を浴び、四回は2失点した。七回は2番手・相場拓夢が3点本塁打などで4失点した。

 打線は初回に1死一、二塁から石川慧亮(いしかわけいすけ)らの3連打で3点を先制。3点を追う六回、1死満塁で宜保優(ぎぼゆう)の中犠飛で1点を奪ったが、その後は無得点に終わった。

 次戦は5月1日午後1時から、神奈川県の上府中公園小田原球場で神奈川と戦う。