» 動画ページへ

オープニングセレモニーで行われたテープカット

 栃木市が同市藤岡渡良瀬運動公園内に整備した「渡良瀬サイクルパーク」が29日、オープンした。オープニングイベントには市内外から家族連れなど約400人が訪れ、にぎわった。

 同パークには約1・5キロの自転車専用コースや起伏のあるパンプトラック(BMXやスケートボードなど向けのコース)、子どもが楽しめるキックバイクエリアが設けられている。

 オープニングセレモニーでは自転車専用コースでテープカットが行われた後、「宇都宮ブリッツェン」などの自転車プロロードレースチームや関係者、一般参加者らが自転車にまたがり一斉にスタート。その後、パンプトラックなどでも来場者らが乗り心地を体験した。