各部の優勝者。左から半田、池羽陽、小宮、秋山

 ゴルフの第18回北綜警カップ県女子アマチュア選手権大会が28日、宇都宮市のレイクランドCC(パー72)で行われ、グロスの部は日本ウエルネススポーツ大2年の池羽陽向(いけばひなた)(小山)が1オーバー73で大会初優勝を果たした。2打差の2位に飯田茜(いいだあかね)(真岡)、3位には斎藤愛桜(さいとうあいさ)(矢板)が入った。

 大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で3年ぶりの開催。グロスの部と、新ペリア方式で争われたネットの部で行われ、曇り、無風の好コンディションの中39人が熱戦を展開した。

 一般の部(25歳以下、6430ヤード)の池羽陽は前半アウトを37、後半インを36にまとめ頂点。ミッドアマの部(26~49歳、6042ヤード)は小宮陽子(こみやようこ)(高根沢)が10オーバーの82、クイーンズの部(50歳以上、5689ヤード)は半田朋子(はんだともこ)(宇都宮)が12オーバーの84、グランドシニアの部(65歳以上、4975ヤード)は秋山(あきやま)ミイ(宇都宮)が7オーバーの79で制した。