栃木県庁

 ウクライナ情勢の緊迫が続く中、福田富一(ふくだとみかず)知事は26日の定例記者会見で、部局横断で「庁内ウクライナ避難民等支援チーム」を設置したと発表した。避難民を受け入れる際、住宅や医療、就労といった幅広い分野について、市町や企業とも連携しながらニーズに応じた支援策を講じる。

 支援チームは6部局11課で構成し、産業労働観光部国際課が事務局を務める。