板倉京氏

 立憲民主党県連は25日、夏の参院選に向けた第1回選挙対策会議を宇都宮市内で開き、国民民主党県連に対し、栃木選挙区(改選数1)で立候補を予定している税理士で新人の板倉京(いたくらみやこ)氏(55)の推薦を申請することを決めた。

 立民の松井正一(まついしょういち)県連幹事長が報道陣の取材に応じ、明らかにした。既に板倉氏への推薦を決定している連合栃木と協議の上、26日以降に推薦申請する見通し。

 松井氏は「党本部間でさまざまな事情があるのは承知しているが、栃木県には栃木県のコミュニケーションがある」と述べた。

 一方で、国民県連の駒場昭夫(こまばあきお)代表は取材に対し「正式に申請を受けた後、党内の手続きを踏んで判断したい」と話した。