職員に出迎えられ、初登庁する大川市長

職員に出迎えられ、花束を受け取った大川市長

職員に出迎えられ、初登庁する大川市長 職員に出迎えられ、花束を受け取った大川市長

 【栃木】任期満了に伴う17日の市長選で再選を果たした大川秀子(おおかわひでこ)市長が25日、初登庁した。

 午前9時、市役所に到着した大川市長は約200人の職員に出迎えられ、笑顔で花束を受け取った。

 その後の就任式で、水害からの復旧・復興や新型コロナウイルス感染症対策などに追われた1期目を振り返り、「マニフェストの約80%は達成できた」と職員や関係者の協力に感謝を述べた。

 市文学館・美術館の開館や国体開催などの今後の事業に意欲を見せるとともに、市政運営の課題として人口減少や少子高齢化、公共施設の老朽化などを挙げた。「市民に夢や希望を持ってもらえる栃木市づくりに精いっぱい努力する」と決意を語った。