弓道男子団体決勝 弓を引く作新B=宇都宮市弓道場

 県高校総体は23、24の両日、宇都宮市の市弓道場ほかで弓道、ライフル射撃を行い、弓道男子団体は作新学院Bが5年ぶりに王座を奪還、女子団体は足利大付Aが連覇を果たした。

 作新学院Bは36射30中、足利大付Aは36射25中で頂点に立った。団体出場チームの中から争われる個人は、男子が12射皆中で作新学院の阿久津光希(あくつこうき)、女子は宇都宮工の板野莉衣(いたのれい)が11中で栄冠を手にした。

 真岡北陵勢で争ったライフル射撃は、3月の全国高校選抜大会で5位に入った橋本(はしもと)もえ花(か)が女子個人ビームライフルを2連覇。男子個人ビームライフルは三村夢生(みむらいぶき)が制した。