簡易版のヘッドマークを付けて茂木駅に到着したSLもおか号

簡易版のヘッドマークを付けて茂木駅に到着したSLもおか号

簡易版のヘッドマークを付けて茂木駅に到着したSLもおか号 簡易版のヘッドマークを付けて茂木駅に到着したSLもおか号

 未成線「長倉線」観光ツアーのPRのため、栃木県茂木町が製作したヘッドマークを取り付けたSLが24日、真岡線茂木駅でお披露目された。ツアー参加者やSLの乗客、駅を訪れた鉄道ファンらは、SLの姿を盛んにカメラに収めた。

 ヘッドマークは、町職員加藤光樹(かとうこうき)さん(31)が昨年デザインした。旧国鉄時代の仕様に合わせた直径66センチで、鉄製フレームにステンレス、アクリル板を組み合わせた。重さは約7・5キロ。プラスチック製の簡易版2枚を含め、計3枚製作した。あくまで架空のものだが、「もしも長倉線が通っていたら」と夢に見るツアーの宣伝に一役買う。

 この日、運行したSLもおか号は簡易版のヘッドマークを付け、午前10時35分に下館駅を出発。午後0時6分に茂木駅へ到着した後、本格版のヘッドマークに付け替えられた。本格版は色が一層鮮やかで立体感があり、間近で見たツアー参加者からは「かっこいい」と声が上がった。

 長倉線ツアーに初めて参加した下野市緑6丁目、会社員東海林(しょうじ)悠紀(ゆうき)さん(28)は「すごく楽しみにしていた。一鉄道ファンとしてうれしいし、地域の活性化につながるといい」と、遊び心のあるツアーの魅力を語った。