後半15分、ドリブルで攻め込む栃木SCのMF西谷

前半26分、相手選手に激しく体を寄せる栃木SCのMF佐藤(右)

後半15分、ドリブルで攻め込む栃木SCのMF西谷 前半26分、相手選手に激しく体を寄せる栃木SCのMF佐藤(右)

 サッカーJ2第11節は23日、各地で7試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで横浜FCと対戦し0-0で引き分けた。2試合連続のドローで通算成績は3勝4分け4敗、勝ち点13で17位。

    ◇    ◇

 どっちが首位か分からない90分間だった。横浜FCのシュート数が2に対し、栃木SCは11。内容で圧倒したにもかかわらず、手にした勝ち点は1。「勝ち切ることができなくて悔しい」。時崎悠(ときさきゆう)監督は敗軍の将のように言葉を絞り出した。