4月は新入学・進級シーズン。新たな環境や人間関係の変化によって、心身の不調を訴える子どもは少なくない。宇都宮市教育センターの金子渉(かねこわたる)所長に、新学期に起きやすい子どもの変化や、不調を訴えた際の関わり方について聞いた。

 新小学1年生にとっては、幼稚園・保育園から環境が大きく変化する。近頃は教育方針に合った園を選んで市外に通わせる家庭もあり、入学した小学校に顔見知りが1人もいないといったケースもあるという。上級生でも、クラス替えにより親しかった担任や友達と離れ、寂しさを感じることも。緊張から疲れやストレスをため込み、4月下旬からゴールデンウイークにかけて体調不良を訴える子が出てくるという。

 

 「心身の不調は早め早めに対処するのが重要」(金子所長)なので、新年度はいつも以上に子どもの様子に気を配ろう。表情が暗い、学校の様子を話さない、頭痛や腹痛を訴える、朝起きられない、外出を嫌がる-といった変化が見られたら、「学校はどう?」などと子どもが本音を話しやすいよう配慮して声を掛けよう。

 子どもは親に心配を掛けたくないという思いを抱いているので、「学校は楽しかった?」「友達はできた?」など答えを誘導するような聞き方は避ける。話を遮らず最後までじっくり聞けば、「親が味方になってくれた」「相談して良かった」と安心感を与えることができる。

 不安や悩みが分かったら、まずは学校に相談を。担任が学校での様子や友達との関わり方により気を配って対応してくれるほか、親には話せない悩みをすくい取ってくれることもある。

 隣の子の様子が気になる、臭いや音に敏感、といった相談からフォローにつながり、その後の学校生活が大きく好転することも。きょうだいの元担任など、関わりのある先生を頼っても良い。スクールカウンセラーや市町の教育相談窓口で専門的なアドバイスを受けることもできる。

 ゴールデンウイーク中も、生活リズムを崩したくないと考えがちだが、子どもが疲れているようであれば無理やり起こしたり、朝食を食べさせたりしなくてもよい。金子所長は「新しい環境に疲れ、休みたい子もいる。連休後に備えて力を蓄える必要もあるので、少しずつ生活リズムを戻してほしい」と話した。連休中の旅行やお出掛けも、子どもの様子をうかがいながら計画しよう。