野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は23日、小山運動公園野球場で埼玉と対戦し、今季最多得点を奪って11-1で快勝した。

 栃木GB打線は序盤からつながった。初回無死一、三塁から若松聖覇(わかまつせいは)の右前適時打などで2点を先制すると、二回は石川慧亮(いしかわけいすけ)、川崎宗則(かわさきむねのり)の適時打など5連打を含む打者一巡の猛攻で5得点。三回も川崎の左中間への2点適時打など打者一巡で4点を奪い一気に突き放した。

 守っては先発大宅健介(おおやけんすけ)が要所を締めて6回無失点でプロ初勝利。七回以降は3人の継投で相手の反撃を最小限に食い止めた。

 次戦は26日午後1時から同球場でヤクルト2軍との交流戦を行う。