宇都宮地方気象台は5日午前、「雷と突風及び降ひょうに関する栃木県気象情報」を発表した。栃木県内では5日昼過ぎから夜遅くにかけて落雷、竜巻などの激しい突風、激しい雨に注意を呼びかけている。

 同気象台によると、5日昼過ぎから夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となるとしている。また夕方から夜のはじめにかけて、雷を伴い1時間に50ミリの、非常に激しい雨の降る所がある見込み。

 また宇都宮地方気象台は5日、本県に高温注意情報を出し、熱中症などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、予想最高気温は宇都宮、大田原ともに35度。30度以上の時間帯は午前11時から、それぞれ午後6時、同5時ごろまで続くと予想されている。

 同気象台は、高齢者、乳幼児などは特に注意し、水分や塩分の補給などの対策が必要としている。