郵便局が注文を受け付ける道の駅「うつのみやろまんちっく村」のクラフトビールセット

 日本郵便などは21日までに、道の駅「うつのみやろまんちっく村」を運営するファーマーズ・フォレスト(宇都宮市新里町、松本謙(まつもとゆずる)社長)と協業し、県内の直営郵便局(311局)や日本郵便の電子商取引(EC)サイト「郵便局のネットショップ」で、5月2日から同道の駅のクラフトビールセットの注文を受け付けると発表した。

 同道の駅の隣接地でホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット栃木宇都宮」を展開する積水ハウスと、米ホテル大手マリオット・インターナショナルによる地方創生事業の一環。パートナー企業と協業して地方創生に取り組む中、日本郵政グループと昨年1月、パートナーシップを締結した。これを受け、今回の注文受け付けが実現した。

 受注するのは「麦太郎」や「黒ビール」など5種類6本入りのセット。同道の駅のブルワリーで醸造している。

 同道の駅の田代賢一(たしろけんいち)総支配人は「栃木県や宇都宮市の良いものを発信したい。ビールを飲んで、ろまんちっく村やホテルを訪れていただければありがたい」と話した。

 同地方創生事業は現在、日光市、茂木町など26道府県の自治体や43社が協業している。