コウノトリの営巣環境を整えるために小山市が設置した人工巣塔の完成式に出席した柳生さん(右)=2015年7月4日、小山市下生井

 日本野鳥の会会長などとして県内にも数多く足を運んだ俳優柳生博(やぎゅうひろし)さん。間近に接した関係者からは死を悼む声が相次いだ。

 コウノトリファンクラブの会長でもあった柳生さんは2008年、渡良瀬遊水地のラムサール条約登録を目指す小山市の市民団体が市内で開いたシンポジウムにゲスト出演。12年の登録を機に毎年、同市の記念事業に招かれ、遊水地の視察や講演を続けた。温和な笑みを浮かべて豊富な知識と愛情に満ちた話題を披露し、遊水地やコウノトリへの市民の関心を高めるのに貢献した。