主力商品「爆弾ハンバーグ」のキングサイズ

 レストランチェーンのフライングガーデン(小山市本郷町3丁目、野沢卓史(のざわたかふみ)社長)は21日までに、主力の「爆弾ハンバーグ」などの鉄板商品を22日から10円~90円値上げすると発表した。デザートやセット商品も100円~180円程度値上げする。

 牛肉の輸入先であるオーストラリアで2018~19年に起きた干ばつの影響で、肉牛の飼養頭数が減少し輸入価格が上昇したほか、新型コロナウイルス禍や原油高による船賃の高騰などが要因。

 爆弾ハンバーグのキングサイズは現在の1098円から90円値上がりし、1188円になる。サラダなどのサイドディッシュ商品の一部は価格を据え置く。

 同社は「限界まで頑張ってきたが苦渋の選択。ウクライナ情勢や円安の影響も今後出てくる可能性がある」としている。