SL大樹に掲出される「かぬまシウマイ」のヘッドマーク

 東武鉄道(東京都墨田区)は23日、シューマイによるまちづくりに取り組んでいる鹿沼商工会議所(鹿沼市)と合同イベントを開く。

 日光市の東武鬼怒川線の下今市-鬼怒川温泉駅間で運行する「SL大樹(たいじゅ)」のオリジナルヘッドマークとして「かぬまシウマイ」を掲出する。

 車内では乗客に特製の乗車記念カードを配布するほか、車内アナウンスで鹿沼市とシューマイの関わりについて紹介する。

 鬼怒川温泉駅前広場では、シューマイの販売イベントを実施する。乗車記念カードを提示すれば代金が1割引きとなる。