野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、神奈川県の星槎中井スタジアムで神奈川と戦い、六回に一挙7点を挙げて8-6で逆転勝ちした。通算2勝3敗1分けで3位のまま。

 栃木GBは五回まで無得点。5点を追う六回は1死一、二塁で佐々木斗夢(ささきとむ)が適時二塁打を放つと、そこから谷田部翔太(やたべしょうた)の適時内野安打と五つの押し出し四死球で6点を加えた。八回は宜保優(ぎぼゆう)の三塁打から宇賀神聖(うがじんせんと)の適時打でリードを広げた。

 今季初先発の左腕内林瑞貴(うちばやしみずき)は5回5失点。六回以降は4投手の継投で1失点に抑えた。

 次戦は22日午後1時から、小山運動公園野球場で茨城と対戦する。