イトーヨーカドー跡地にオープンしたジョイホン小山駅前店=20日午前、小山市駅東通り2丁目

テープカットが行われたオープニングセレモニー=20日午前、ジョイホン小山駅前店

イトーヨーカドー跡地にオープンしたジョイホン小山駅前店=20日午前、小山市駅東通り2丁目 テープカットが行われたオープニングセレモニー=20日午前、ジョイホン小山駅前店

 ホームセンターのジョイフル本田(茨城県土浦市)は20日、小山市駅東通り2丁目のイトーヨーカドー小山店跡に新ストアブランド「ジョイホン」の1号店となる「ジョイホン小山駅前店」を開店した。同店はJR小山駅東口から徒歩3分の場所に位置する。駅前に立地し、居抜き物件を用いた店舗は、いずれも同社として初めて。

 「ジョイホン」は、長年親しまれている同社の愛称で、感謝の意味を込めて新ストアブランドとして開店した。生活提案にあふれた売り場づくりがコンセプトで、訪れた人に楽しさや発見、驚きの提供を目指す。

 オープニングセレモニーでは同社の細谷武俊(ほそやたけとし)社長や浅野正富(あさのまさとみ)市長らが参加し、テープカットして開店を祝った。浅野市長は「駅東口の新しい顔になっていただき、活性化につながると期待しています」と祝辞を述べた。

 細谷社長は「ホームセンターではない新しい業態として、お客さまには来て楽しい、見て楽しい時間を過ごしてほしい」と話した。

 ジョイフル本田は関東でホームセンターなど計約20店舗を運営している。新規出店は11年ぶりとなる。

 小山駅前店は3階建てで、売り場面積は約1万2千平方メートル。1階には生鮮食料品店「ジャパンミート」が入る。