宇都宮市は19日、市内の公立学校1校で学級編成に関わる個人情報が流出したと発表した。

 公立学校図書室で15日、教職員が置き忘れたとみられる資料を二十数人の子どもが目にした。そのうち1人が保護者に相談したことで発覚した。資料は学級編成のためのもので、子どもの名前や特性が書かれていた。3月31日、4月1日に行った打ち合わせで、教職員が置いたという。

 教職員の特定はできておらず、市は県教委と連携して調査を行い、処分も含めて厳正に対処するとしている。