板倉京氏

 立憲民主党は19日の常任幹事会で、夏の参院選栃木選挙区(改選数1)で税理士板倉京(いたくらみやこ)氏(55)を公認候補とすることを決定した。

 西村智奈美(にしむらちなみ)幹事長は記者会見で「栃木県連は昨年の衆院選で議席数を増やすなど勢いのある県連」とし、板倉氏については「税制に詳しく著書やメディアへの出演もある。県連でさらに力を結集するためにも素晴らしい候補者だ」と評した。

 また、同日に開いた全国幹事長会議では、泉健太(いずみけんた)代表が参院選の勝利を目指し結束を呼び掛けるとともに、資金面で地方組織を十分に支えたいとも強調した。

 栃木選挙区のほか神奈川、大阪の各選挙区に新人3人の擁立を決定。群馬、広島両選挙区に無所属で立候補を予定する新人2人の推薦も決めた。