1分48秒でスイカを食べきり優勝したリゼ

 【那須】大島の那須どうぶつ王国など全国各地の五つの動物園で飼育するカピバラがスイカの早食いを競う「カピリンピック」が4日、各施設で開かれ、どうぶつ王国が3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 イベントは今年で4回目。埼玉県こども動物自然公園やいしかわ動物園などの代表1頭が出場し、500グラムのスイカを皮まで食べる早さを各施設で競った。

 どうぶつ王国からは昨年に続き、体長約95センチ、体重約57キロ、雌のリゼ(4歳)が出場。観客からの声援を受け、夢中になってスイカにかぶりつき、1分48秒で食べきった。2位の同公園代表とは1秒差だった。

 埼玉県加須市北小浜、小学4年渥美相希(あつみあいき)君(10)は「一生懸命に食べる姿がかわいかった。食べ終わった後のドヤ顔が良かった」とうれしそうに話した。