揚げたての店長おまかせ5本盛り。好みの味付けで楽しめる

 鍋の土台となる「五徳(ごとく)」で、宇都宮を支える料理を提供したい-。4月、オリオン通りにオープンした大衆居酒屋の店名には、深い思いが込められていた。

 Web写真館に別カットの写真

 赤ちょうちんがぶら下がる外観を裏切らず、店内は昭和レトロな雰囲気が漂う。「時間やシチュエーション問わず、気軽に入ってもらいたい」と店長の関口竜也(せきぐちたつや)さん(28)。笑顔に和まされ、女性1人、カウンター席に着いた。

 一息ついていると、大量の黄色い壁メニューが目に付いた。優柔不断はひとまず、店長おまかせ5本盛り(税抜き980円)から注文した。

 人気串のささみ山葵や車エビのほか、パプリカなど季節の野菜の串揚げが皿を彩っている。衣は薄め。岩塩やみそなど好みの調味料を少しばかり付け口にすると、食材の味がなお生きる。揚げ物が重いと感じてしまう季節でも食べられてまうなぁ。

 看板の煮込みメニューは、豚の角煮やおでん盛り、スープカレーと日替わり。この日のもつ煮(同480円)はみそベースで、モツや大根、コンニャクなどの具材にだしの味が染みこんでいる。ぴりっとした辛さがたまらんわ!

 「今度は変わり種のもつ煮の日に当たるといいですね」と関口さん。これはリピートせんと。

 メモ 宇都宮市曲師町3の13。▽営業時間 正午~午後11時半▽定休日 水曜▽(問)028・680・7005