二回、栃木GBの長南が右前に適時打を放つ=栃木県矢板市の矢板運動公園野球場

プルペンで投げる巨人3軍の石田

二回、栃木GBの長南が右前に適時打を放つ=栃木県矢板市の矢板運動公園野球場 プルペンで投げる巨人3軍の石田

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は17日、栃木県矢板市の矢板運動公園野球場で巨人3軍と戦い、1-11で敗れた。通算1勝3敗1分けで3位のまま。

 栃木GBは、先発の新人左腕大宅健介(おおやけんすけ)は5回1失点と好投したが、2番手の右腕西澤宙良(にしざわそら)が長短4安打を浴びて4失点。相葉拓夢(あいばたくむ)、斉藤鳳人(さいとうたかと)も3失点と流れを変えられなかった。

 打線は二回、葭葉幸二郎(よしばこうじろう)の二塁打で2死二塁とし、長南有航(ちょうなんゆうこう)の右前適時打で幸先よく先制。しかし三回以降は攻めあぐね、六回の1死一、二塁の好機もものにできなかった。

 次戦は20日午後2時から神奈川県の星槎中井スタジアムで神奈川と戦う。