開幕戦で優勝した宇都宮ブリッツェンの小野寺(中央)と2位の増田(左)

開幕戦で優勝した宇都宮ブリッツェンの小野寺

開幕戦で優勝した宇都宮ブリッツェンの小野寺(中央)と2位の増田(左) 開幕戦で優勝した宇都宮ブリッツェンの小野寺

 自転車ロードレースの国内シリーズ戦「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」は16日開幕、真岡市の井頭公園周辺特設コース(1周7.2キロ×18周=129.6キロ)で第1戦「真岡芳賀ロードレース」を行い、ゴールスプリントを制した小野寺玲(おのでられい)が2時間59分52秒で優勝、前年覇者の増田成幸(ますだなりゆき)が2位に入った。ブリッツェン勢のワンツーフィニッシュは2年連続。ブラーゼンは谷順成(たにじゅんせい)が8位だった。

    ◇    ◇

 悲願は地元での開幕戦という最高の舞台で成し遂げられた。ブリッツェンの小野寺玲(おのでられい)がプロキャリア9年目でロードレース初勝利。クリテリウムのスペシャリストが成長を示し「長年のもやもやが晴れた」と表情も晴れやかだった。