開幕戦で優勝した宇都宮ブリッツェンの小野寺=井頭公園周辺特設周回コース

 自転車ロードレースの国内シリーズ戦「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」は16日開幕、真岡市の井頭公園周辺特設コース(129.6キロ)で第1戦「真岡芳賀ロードレース」を行い、ゴールスプリントを制した小野寺玲が2時間59分52秒で優勝、前年覇者の増田成幸が2位に入った。ブリッツェン勢のワンツーフィニッシュは2年連続。ブラーゼンは谷順成が8位だった。