任期満了に伴う栃木市長選と同市議選(定数28)は17日投票が行われ、即日開票される。

 市長選には無所属新人の宇都宮大名誉教授高際澄雄(たかぎわすみお)氏(73)と、再選を目指す無所属現職大川秀子(おおかわひでこ)氏(74)=自民、公明推薦=の2人が立候補。現市政の是非を問う舌戦を繰り広げた。

 市議選に立候補したのは現職25人と新人5人の計30人で、2人オーバーの戦いとなった。

 投票は午前7時から午後7時(一部は午後4時、6時)まで。同8時10分から同市川原田町のマルワ・アリーナとちぎで開票が行われる。大勢判明は夜遅くになる見通し。選挙人名簿登録者数は9日現在、13万1959人(男6万5318人、女6万6641人)。

 15日までの5日間の期日前投票者数は市長選1万6928人、市議選1万6927人で、2018年の前回並みとなっている。