開幕に向けチーム練習に汗を流すブリッツェンの選手たち=宇都宮市内

開幕に向けてレーニングに励むブラーゼンの選手たち=大田原市内

開幕に向けチーム練習に汗を流すブリッツェンの選手たち=宇都宮市内 開幕に向けてレーニングに励むブラーゼンの選手たち=大田原市内

 自転車ロードレースの年間シリーズ戦「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」は16日、栃木県を舞台に幕を開ける。開幕戦は午後0時5分から真岡市の井頭公園を発着点に「真岡芳賀ロードレース」、17日は午後1時半から宇都宮市清原工業団地で「宇都宮清原クリテリウム」を行う。

 リーグ創設2年目の今季は、Jプロツアーで2021年まで個人、チームとも総合3連覇を果たしたマトリックスパワータグが新規参入し、全国10チームでしのぎを削る。

 有観客での開幕戦はJCL初。“ホームコース”での2連戦に臨む初代王者・宇都宮ブリッツェンと那須ブラーゼンが地元ファンを熱くさせる。

■宇都宮ブリッツェン チーム総合連覇に照準

 昨季はチーム総合で初代王座に就いたブリッツェン。今季はポイント付与レースのツール・ド・熊野を含め年間15戦でチーム総合の連覇を狙う。