板倉京氏

 立憲民主党栃木県連は15日、夏の参院選栃木選挙区(改選数1)で、東京都在住、税理士板倉京(いたくらみやこ)氏(55)を擁立すると発表した。同日の緊急幹事会で決定し、党本部に公認申請した。

 板倉氏は記者会見で「税理士の仕事をしていて、多くの人が税金の使われ方に疑問を持っていると感じてきた。母親としても日本の将来に不安があり、このままではいけないと思った」と出馬の動機を語った。

 栃木県とは仕事を通じて関わりがあったといい「県民所得が全国上位なのに、実感を得られていない」と指摘。「ポテンシャルのある栃木から立候補できるのはありがたい」と述べた。「経済が停滞している要因の一つは少子化。女性が働きやすい環境をつくり経済を活性化させたい」と訴えた。

 立民県連代表の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員は「大変遅れたが、素晴らしい候補者を選ぶことができた」と話した。

 板倉氏は東京都出身。名城大大学院修士課程修了。現在は都内でコンサルタント会社などを経営している。

 栃木選挙区ではこれまでに、3選を目指す自民党現職の上野通子(うえのみちこ)氏(63)、共産党新人の元佐野市議岡村恵子(おかむらけいこ)氏(68)、「NHK受信料を支払わない国民を守る党」新人で心理カウンセラーの高橋真佐子(たかはしまさこ)氏(56)の3人が立候補を表明している。