矢板市の斎藤淳一郎市長は15日の定例記者会見で、2050年までに地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」を目指すと宣言した。