夏の参院選栃木選挙区(改選数1)で、立憲民主党県連が擁立に向けて最終調整を進めていた東京都在住の税理士板倉京(いたくらみやこ)氏(55)が14日、同党の泉健太(いずみけんた)代表らと都内で面談し、出馬の了承を得た。板倉氏は15日に出馬表明する。関係者が明らかにした。

 面談には同党県連代表の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員も同席した。板倉氏は、泉代表や西村智奈美(にしむらちなみ)幹事長と面談し、出馬の意思を伝えた。

 県連は15日に宇都宮市内で緊急幹事会を開いて板倉氏の擁立を正式決定し、党本部に公認申請する見通し。

 板倉氏は本県出身ではないが、仕事上で本県とのつながりがあるという。NHKや民放番組への出演歴があり、相続などに関する複数の書籍を出版している。

 県連は昨年1月から候補者公募を行ってきたが決まらず、党本部への応募者から選ぶ方針に切り替え、協議していた。