» 動画ページへ

一面に広がるシバザクラ=14日午前10時40分、市貝町見上

 栃木県市貝町の人気観光スポット、同町見上(みあげ)の町芝ざくら公園のシバザクラが14日、ほぼ満開を迎えた。これまで最も早かった昨年と同時期の満開となった。

Web写真館に別カットの写真

 1・8ヘクタールの緩い斜面に約20万株が植えられている。ピンクや白、青に咲き分けたじゅうたんのような景観と、周囲の里山の芽吹きの緑が美しく映える。この日は肌寒い曇り空で客は少なかったが、ヒバリやウグイスのさえずりを聞きながら、ゆっくり遊歩道をたどる人の姿が見られた。

 夫婦で来た茨城県行方市、自営業千ケ崎秀夫(ちがさきひでお)さん(65)は「もう4、5回来ている。これほどきれいに咲かせるのは大変なこと」と話した。

 花を管理する「芳那の水晶湖ふれあいの郷協議会」の石川紀雄(いしかわのりお)会長(71)は「来週末ごろまで見頃は続くと思う」と話している。