プロレス団体「ZERO1(ゼロワン)」は13日までに、栃木プロレスにも所属する大谷晋二郎(おおたにしんじろう)(49)が10日に都内で行われた試合中に負傷して緊急搬送され、その後、頚髄(けいずい)損傷と診断されたとホームページで発表した。

 ZERO1によると12日現在、意識は安定しており、医師や家族とも会話ができる状況という。大谷は長年ZERO1をけん引してきた看板選手で、栃木プロレスでも3日に宇都宮市の護国神社で開かれた奉納プロレスに出場していた。