野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、さいたま市のレジデンシャルスタジアム大宮で埼玉と対戦し、5-11で敗れた。通算成績は1分け2敗。

 栃木GBは新加入の右腕西澤宙良が先発登板し、3本の本塁打を浴びるなど3回8失点。その後は3投手で継投した。四回に1点、五回に2点を奪われ、六回以降は無失点だった。

 打線は四回、長南有航の本塁打で1点、六回は若松聖覇の3点本塁打などで4点を返した。

 栃木GBは16、17日に県内で巨人3軍と交流戦を行い、20日午後2時から神奈川県の星槎中井スタジアムで神奈川と戦う。