雷都をテーマにした作品などが並ぶ「オリオン七夕まつり」

 【宇都宮】市中心商店街の真夏の風物詩「オリオン七夕まつり」が3日、オリオン通りで始まり、色鮮やかな七夕飾りが風に揺れて涼を演出している。6日まで。

 今年は通りの商店や個人と企業、学校・保育園幼稚園などが40点を出品。竹に飾った吹き流しや天井からイラストなどをつるしたバトン飾りが通りにずらりと並び、買い物客らが足を止めて眺めていた。