飲酒運転で人身事故を起こし、アルコールの影響の発覚を免れるために逃走したとして、宇都宮東署は11日、自動車運転処罰法違反(発覚免脱)とひき逃げの疑いで宇都宮市、建設業(54)を逮捕した。「酒を飲んで運転したが、その後のことは覚えていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は1日午後10時55分ごろ、同市平松本町の市道で、酒気を帯びてワゴン車を運転し、右折待ちで停止していた乗用車2台に玉突きで追突。乗用車を運転していた30代女性と50代男性の首や腕にけがをさせ、飲酒の発覚を免れるため、そのまま逃走した疑い。