5回、北綜警の飯塚が左翼席に3点本塁打を放つ

優勝した北綜警

5回、北綜警の飯塚が左翼席に3点本塁打を放つ 優勝した北綜警

 栃木県内の社会人軟式野球の開幕戦となる第17回青井旗選抜大会は9、10の両日、県総合運動公園野球場などで準決勝、決勝を行い、北関東綜合警備保障(宇都宮)が第5回大会以来2度目の優勝を飾った。

 北綜警はセルフィッシュ(小山)との決勝で2本の3点本塁打を放つなどして10-2。昨年の天皇賜杯県予選を制した強豪を寄せ付けなかった。

 最優秀選手賞は、五回に3点本塁打を放った北綜警の飯塚史渡(いいづかふみと)、敢闘賞は準決勝の足利赤十字病院(足利)戦で完封したフィッシュの広瀬将司(ひろせまさし)が選ばれた。

 【評】北綜警が、昨年の天皇賜杯県予選をクラブチームとして53年ぶりに制したセルフィッシュに圧勝した。