栃木市議選が10日告示され、今回から2減となった定数28に、30人が立候補を届け出た。内訳は現職25人、新人5人。

 政党別に見ると、自民6人、公明3人、共産2人。他は無所属で19人となっている。地域別では栃木14人、大平6人、岩舟4人、藤岡3人、都賀2人、西方1人。

 年齢別では60代が16人と最多。次いで40代、50代、70代がそれぞれ4人、30代2人となっている。

 投開票は市長選と同じ17日に行われる。