大川氏(右)と高際氏

 任期満了に伴う栃木市長選が10日告示され、いずれも無所属で、宇都宮大名誉教授の新人高際澄雄(たかぎわすみお)氏(73)と、再選を目指す現職大川秀子(おおかわひでこ)氏(74)=自民、公明推薦=の2人が立候補を届け出た。現市政を批判し刷新を訴える高際氏に対し、市政継続の必要性を強調する大川氏。県内「ミニ統一地方選」の首長選の締めくくりとなる栃木市長選は、一騎打ちの選挙戦に突入した。

 高際氏は午後4時、同市室町の選挙事務所で出陣式に臨んだ。藤岡隆雄(ふじおかたかお)衆院議員の秘書や地元県議の秘書らが出席。近隣の県議や栃木市議4人のほか、鈴木俊美(すずきとしみ)前栃木市長らがあいさつに立った。

 高際氏は、同市岩舟総合運動公園内に企業が建設したサッカー専用スタジアムを巡る公園使用料免除などの市の対応を批判。「栃木市はガタガタになっている。大川市長に市政を任せることはできない。クリーンで公正な栃木市をつくっていく」などと主張した。

 大川氏は午後2時、同市片柳町2丁目の栃木商工会議所駐車場で出陣式を行った。茂木敏充(もてぎとしみつ)自民党幹事長や佐藤勉(さとうつとむ)衆院議員ら国会議員4人のほか、近隣の市町長や県議、地元の自民県議、栃木市議16人らが顔をそろえた。

 大川氏は2019年の台風19号災害を振り返り「国や県との連携があったから、復旧・復興が順調に進んでいる。そのパイプをなくしてはならない」と強調。「(新型コロナウイルス禍で)傷んだ経済をしっかりと再生する」とも訴えた。

 投票は17日、市内64カ所で行われ、即日開票される。期日前投票は11日から16日(一部は15日)まで、キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市入舟町)や大平、藤岡、都賀、西方、岩舟の各総合支所などで行われる。