市産フルーツやスイーツなどを販売したイベント

 【栃木】市は9日、「栃木市フルーツスイーツPRイベント」を市観光交流館「蔵なび」で開いた。

 昨年度の「#栃木市フルーツスイーツコンテスト」でグランプリに輝いたRainbow Food Lab(境町)の「いちご大福」などの出品スイーツや市産イチゴを販売。栃木農業高食品科学科の生徒がユズを使って作ったマーマレードと市内店舗がコラボレーションしたサンドイッチも販売し、市産フルーツをアピールした。

 市産フルーツを使った同校の取り組みを紹介するコーナーも設置。昨年度の「#栃木市フルーツスイーツフォトコンテスト」の入賞作品も展示された。

 境町、会社員平野亜希子(ひらのあきこ)さん(45)は「栃農のマーマレードを使ったサンドイッチを買えて満足」と笑顔だった。