ライトアップされ、池の水面に反射するエドヒガン

ライトアップされた観音堂とエドヒガン

ライトアップされ、池の水面に反射するエドヒガン ライトアップされた観音堂とエドヒガン

 【那須】芦野の町名勝「堂の下の岩観音」で、樹齢300年以上のエドヒガンが見頃を迎えた。20日ごろまで夜間ライトアップが行われており、暗闇の中で桜が幻想的に浮かび上がっている。

 岩壁の中腹に赤い屋根の観音堂があり、それを覆うようにさまざまな種類の桜が枝を伸ばしている。5日現在はエドヒガンが八分咲きで、週末には満開を迎える見込み。その後、ソメイヨシノやヤブザクラ、シダレザクラが順々に花を咲かせる。

 岩観音を管理している岩観音護持会の高崎成敏(たかさきなりとし)会長(75)は「密集を避けながら写真を撮ったり、眺めたりしてもらいたい」と話した。

 夜間ライトアップは午後6~9時。