連覇を果たした後藤貴浩(宇都宮)の1番ティーショット=メイフラワーGC

 ゴルフの第36回県社会人アマチュア選手権大会は2日、矢板市のメイフラワーGC(7011ヤード、パー72)で86選手が出場して行われ、プレーオフの末、後藤貴浩(ごとうたかひろ)(宇都宮)が2連覇を果たした。2位には相馬義孝(そうまよしたか)(那須塩原)が入った。

 後藤はアウトスタートの前半を2バーディー、2ボギーの36で折り返し、インを1バーディー2ボギーの37にまとめた。18番パー4で行われた相馬とのプレーオフは、2ホール目まで互いにパー。カップの位置を変えた3ホール目は後藤がパーでまとめたのに対し、相馬はボギーに終わった。

 3位は2オーバー、74で4人が並び、大会規定により、渡辺幹根(わたなべみきね)(小山)が入った。

 上位3選手は10月24、25の両日、兵庫県で行われる第36回全国都道府県対抗アマチュア選手権大会の出場資格を手にした。