ロシアによるウクライナ侵攻を巡り、栃木県議会と栃木県内24市町議会が即時停戦やロシア軍の撤退などを求める決議案を可決したことが、6日までに下野新聞社のまとめで分かった。県は3月上旬にウクライナからの避難民の受け入れを表明し、支援体制を準備。各議会では決議に加え、避難民への救援金を集めたり国に意見書を提出したりと、支援の動きが広がっている。