ライトアップされた桜並木

 【鹿沼】「美しすぎる桜並木」として知られる西茂呂地区のさつき大通りでソメイヨシノが満開となった。夜間はライトアップされた幻想的な光景が訪れた人々を魅了している。

 桜並木は上殿町の鹿沼署西交差点から栄町2丁目交差点までの約2・3キロ。約30年前に植栽され、現在約330本が美しい花を付ける。昼夜問わずに多くの人々が訪れ、ピンクの“アーチ”の下を散歩したり、歩道橋の上から写真撮影したりして春を満喫している。

 ライトアップは東部台地区コミュニティ推進協議会と西茂呂・栄町防犯街路灯等振興会が企画し、日没から午後10時まで点灯している。今後の桜が楽しめる期間にもよるが、今月中旬まで点灯する予定。

 推進協の奈良部実(ならぶみのる)会長(86)は「桜並木は東部台地区の活性化の原動力で、住民は毎年開花を楽しみにしている。今年も見事に咲いてよかった」と笑顔で話した。