埼玉県に移送されるアミーラ

 【那須】大島の那須どうぶつ王国はこのほど、国内動物園で初めて繁殖に成功した雌のスナネコ「アミーラ」を13日に埼玉県こども動物自然公園に移送すると発表した。種の普及啓発や保存、繁殖が目的。

 スナネコはアフリカなどの岩砂漠に生息する世界最小級の野生ネコで、アミーラは2020年4月に那須どうぶつ王国で誕生。同6月の初公開から、かわいらしい姿で多くの人を魅了した。

 同園は12日までアミーラを展示しており、同日午後3時から担当飼育員による生態解説やアミーラとのエピソードトークを予定している。