» 動画ページへ

オールスターナショナルズのチアリーディング部門ジュニア編成レベル1スモールで1位になった足利Bulletsの演技=幕張メッセ(足利Bullets提供)

 「チアリーディング&ダンス チャンピオンシップ2022」のクラブチーム対象の全国選手権大会「オールスターナショナルズ」が3月26~28日、選抜クラブチーム大会「ザ ピーク」が同29日、ともに千葉市の幕張メッセで開かれ、「オールスターナショナルズ」では、チアリーディング部門ジュニア編成レベル1スモールで「足利Bullets」が全国1位に輝いた。同ノンビルディング部門ユース編成レベル1スモールで「チームエボルブビーカムフレンドリー」、スピリットリーディング部門ジュニア編成で「だいすキッズD-amuse」、「ザ ピーク」では、チアリーディング部門シニア編成レベル2スモールで「エンジェルスグローリー」が1位となった。

 本県からは両大会に8クラブ13チームが進出した。「足利Bullets」は、チーム内で新型コロナウイルス感染者が発生。急きょ出場人数が1人減り演技構成の変更を強いられたが、苦境を乗り越えた。「チームエボルブビーカムフレンドリー」「だいすキッズD-amuse」「エンジェルスグローリー」も大舞台で堂々の演技を披露し、栄冠をつかんだ。

 このほか、「オールスターナショナルズ」のチアリーディング部門ユース編成レベル1スモールで「ドッペルクラブSPARKSユース」が3位。全カテゴリーの中から最も印象に残った3チームに贈られる特別賞「ベストインプレッション賞」に、同部門ミニ編成レベル1スモールの「ドッペルクラブSPARKSミニ」が選ばれた。

 大会は、新型コロナウイルスの影響で一昨年は中止、昨年は映像審査のみとなり、3年ぶりに会場で開催された。

(動画・写真は全てチーム提供)