ライトアップされた桜並木

 【小山】桑地区ふるさとさくらまつり実行委員会は、新型コロナウイルスの影響で3年連続の中止が決まった「ふるさとさくらまつり」の代替として、羽川の大沼公園で初めて桜並木をライトアップしている。

 公園北側の市道沿いにライトを9個設置。約100メートルにわたって夜のソメイヨシノを照らしている。実行委の柿崎全良(かきざきまさよし)会長(68)は「密にならない方法で何かできないかと思い実施した。夜桜を見て少しでも前向きになってほしい」と話す。

 桜は2日現在でほぼ満開。ライトアップは午後6時半~9時。桜の見頃が終わる10日ごろまで実施する。