栃木県内で3月末までに確認された新型コロナウイルス感染者数は6万3327人。3月は1万7120人の感染が確認され、月別では2月の2万514人に次いで過去2番目に多い感染者数となった(いずれも5月1日現在)。

◇県内のワクチン接種状況はこちら

 感染者数が1万人を超えるのは3カ月連続。3月に入って新規感染者数はわずかに減少傾向だったが、下旬になって再び増加へと転じつつある。

 感染者数の推移や市町別内訳、検査陽性率などをデータから振り返る。

*県が発表する感染者の陽性判明日に基づくため、変動があった場合は随時更新します

県内感染者数の推移

 3月の1日当たりの平均感染者数は約552人。最も多かったのは28日の814人だった。

県内感染者数の市町別内訳

 どの市町でも感染者数の増加ペースはさほど鈍っていない。宇都宮市ではこれまでの累計感染者数が1万7000人を超えた。

療養者数と退院者数の推移

 療養者数(入院、宿泊療養、自宅療養など含む)は再び増加の兆しを見せている。3月発表の死者数は57人だった。

検査陽性率の推移

 3月中旬にかけて減少したが、下旬になって2月中旬の水準と同じ50%前後にまで上昇してきている。

感染拡大前との人出比較

 「第6波」拡大に伴って一時は減った市街地の人出だが、3月はやや増加傾向となっている。