丸太が積まれた県内の木材共販所=2021年5月、鹿沼市

県内の木材共販所における販売量と平均単価の推移

丸太が積まれた県内の木材共販所=2021年5月、鹿沼市 県内の木材共販所における販売量と平均単価の推移

 2021年に栃木県森林組合連合会が木材共販所で販売した県産材の総量は計19万5197立方メートルで、過去最多となったことが2日までに分かった。ウッドショックと呼ばれる世界的な木材需要の高まりや、県の補助金交付により木材の生産量が伸びたことが要因。一方、ロシアによるウクライナ侵攻で木材市場の先行きは不透明感が増しており、関係者は影響を注視している。

 同連合会は鹿沼と大田原、矢板の各市に共販所を設け、各森林組合が出荷した木材を2週間に1度のペースで競りで販売している。