栃木県庁

 栃木県県土整備部は31日、雪崩による県内公共土木施設の被害について、日光市湯元の国道120号の真砂(まさご)橋で手すりが壊れ、概算で3千万円の被害が出たと発表した。

 被害があったのは金精トンネル付近で、昨年末から冬季閉鎖していた。ゴールデンウイーク前の開通に向け除雪作業を行っていたところ、23日に被害に気付いた。

 国に国庫災害復旧事業として申請を予定している。